アクセスカウンター


  • ブログパーツUL5

誕生日とか



2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いぬ


ポイントためよう

天気

リンクでりんく

カテゴリー

  • ガーデニング
  • パソコン・インターネット
  • フラワーアレンジメント
  • ペット
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 趣味
無料ブログはココログ
フォト

« 2009年6月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年9月

2010/09/15

コタローとのお別れ

2009年暮れからコタローの様子が少し変でした

2010年病院がきちんと始まってから検査検査検査で

違う病院でまた相談してみたら

大学病院で見てもらったら大丈夫かもしれないと言われ

大学病院・・・実はこれって犬を初めて飼った人にはキツイところ


2月から治療・・・3月に14回の放射線治療を終えて

週一の診療、月一の診療と8月まできましたが

8月18日の朝呼吸がかなり浅くみだれてそのまま意識不明に

病院で処置の後大学病院の待合室で

意識不明というか昏睡状態だったのが急に呼吸音を出して

唇と歯ぐきが紫になっていきました

コタローの最後は急遽緊急措置をとってもらうことに

なりましたが自力呼吸もしていないのでそまま処置は止めていただきました


詳しくはおいおい書いていきますが
49日過ぎましたら書いていこうかなと思います。

9歳ともう少しで半でした、短いとは思わないけれど

長いともいえないコタローくんの一生でした

最後は静かにたくさんの人の前での最後でしたが

お別れもたくさんの人にしてもらえたし

今考えても不思議なほど幸せに彼は虹の橋のふもとに行けたと

私は思っています

ちなみにコタローくんの死因は

はっきりしていませんが

原因は二つあります頭部にできた扁平上皮癌によって頭部の骨が溶けて

腫瘍が脳に侵入して押していたこと

昨年春頃から見つかった足の麻痺これは今年の検査で

脊髄液がとれなかったことから変性性脊髄症と診断されていたことです

この病気はコーギーに最近多くみられる脊髄の病気で

完治しない進行していく病気です

治療方法もなく緩やかな進行にとどめることが

精一杯といった病気でしょうか


コタローくんは足の麻痺と皮膚炎を2009年は治療していました

それまでは病気はいっさいなく下痢することもなく

元気いっぱいでした思い出すと今年だけの病気生活でしたので

なんだか複雑な気持ちです

ただついこの間が懐かしくもありずいぶん前の気持ちにもなる

不思議な時間を過ごしています

今病気で闘っているワンちゃんたちもいて

なんだか本当に複雑です。

でもまたコタローのようなワンには早く会いたいなあとも

思っていてワンちゃんは本当に良いなあと思っています

ちなみにくりちゃんとももじろうは相も変わらずうるさいくらい

元気に生活しております・・・

鳥は元気だな・・・籠に1日いてたまに遊んでやると

鳥は長生きしそうです

でも・・・ワンちゃんのような以心伝心といった感じは

あんまりしないんだよね・・・

« 2009年6月 | トップページ | 2010年11月 »